出張:由布市

DVC00134.jpg DVC00135.jpg

「別府」と聞いてまず思いつくもの。
もちろん大分ラーメン「ふくや」だ。

今日はその姉妹店「麺屋 香」へ。
元祖・大分らーめんを自称して憚らないこの店。
暖簾を潜ると、激臭が出迎えてくれた。
そう、ここは「呼び戻し式」の豚骨を扱っているのだ。
創業以来、48時間煮込んだ豚骨を継ぎ足してきたスープは、悪臭を遥かに超えたアンモニア臭を放って店を独特の汚い雰囲気に昇華している。
たとえジャズが店内流れていようとも、だ。

そのラーメンは当然アンモニア臭を放ちつつも、
長浜ベース+コク+脂の旨味
でガッツリと私の心を捉え、自然に替え玉へ導いた。
麺も細くしなやかで、喉を通る感覚が良い。
正に漢のラーメン。女子供はひっこんでろ。

そして店を出れば、既に私のスーツは激臭を引き連れている訳である。
このあとの大切な商談で気まずかったのは言うまでもない。

なお、今日は天気もよく、初夏の由布岳が綺麗に見えたことを追記しておく。

以上、出張報告でした。

カテゴリー: 未分類 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Spam Protection by WP-SpamFree